Profile

柳原和音

FUDZUKI ITSUKA

文芸演出部  文月一花

1980年7月5日生まれ 広島県出身

身長・体重/158cm・46kg
血液型/B型
座右の銘/続けることが才能(久保田猛)
趣味/長唄三味線・ドラム
特技/しりとり

子どもの頃から嘘をつくのが得意でした。大人からはお見通しだったと思いますが、ひとつの嘘を成立させるためには、その何倍もの嘘を吐かなければならず、そのことで時々自分が押し潰されそうになりました。東京に出て来て、ある街角で見かけた真っ黒い看板に白い文字―「あなたも芝居を始めませんか。変身したい人、嘘がうまい人…」私は釘づけになり、その足で芝居の世界に飛び込みました。 ですが、現実はまったく逆でした。舞台の上ではいつも自分が剥き出しにされ、日常の生活とは比べものにならない凝縮された時間と空間が真実に満ちていました。そして何よりも、かけがえのない、一緒に馬鹿をやる仲間が稽古場には居ました。嘘はだんだん必要なくなりました。
いつの間にか、芝居は私にとって生き甲斐ではなく、生きることそのものになっていたのです。

代表作品

「籠太鼓」(2003年/能21シリーズⅢ)
「テンマ船の行方」(2007年)※関連書籍「優秀新人戯曲集-2008」ブロンズ新社刊
「鬼火」(2008年)
「あんまの笛」(2010年/泉鏡花「歌行燈」より)
「黒い花の咲く山」(2012年)
「命の池―河童ノ居ルトコロ」(2013年)
「THE幕の内銀河団」(2015年)
「いつまでの森」(2017年)

Biography

 

2002年/東京藝術大学演劇部を経てフリーで活動を始める。

2003年/劇団演奏舞台「演じるための試演49」出演

時々自動「katachi no katachi」(朝比奈尚行/演出)パフォーマーとして参加

東京藝術大学大学院オペラ課博士研究公演「マクベス」

(シェイクスピア/原作 志田雄啓/台本・演出)マルコム 役

MODE「ゼロの神話」(山崎哲/作 松本修/演出)女4 役
 

2004年/MODE「逃げ去る恋」(チェーホフ/原作 松本修/演出)三人娘C 役

◆養成所を経て研究生として入団。

歴史戯曲「嗤ふ―桐生悠々」原和子、女1 役

ひとり芝居「桃の井戸」(山本周五郎/原作 久保田猛/台本)お琴 役

◆久保田猛に師事し、劇作・演出活動を開始。

「能21シリーズⅢ『通盛』」(久保田猛/台本)小宰相局 役

◆劇団員に昇格。
 

2005年/「小○百姓一揆考」(久保田猛/作)百瀬ふき 役

ひとり芝居「糸車」(山本周五郎/原作 久保田猛/台本)お高 役
 

2006年/「能21シリーズBest『隅田川』」(久保田猛/台本)狂女 役

2007年/「テンマ船の行方」(自作)かな 役

2008年/「鬼火」(自作)緋沙子 役

2009年/「ちょんまげ手まり歌」(上野瞭/原作 久保田猛/台本)みよ 役

「破戒裁判」(高木彬光/原作 久保田猛/台本)百谷明子 役
 

2010年/東京藝術大学(音楽文芸)/コンサート・オペラ「デュオニゾス」(中嶋敬彦/台本 佐藤眞/作曲)語手 役

「あんまの笛」(自作)お三重 役

「暗殺風聞’84―野辺の送り」(久保田猛/台本)セカンド 役
 

2011年/「楽屋」(清水邦夫/作)女優C 役

2012年/「黒い花の咲く山」(自作)お菊 役

2013年/「おこんじょうるり」(さねとうあきら/作)イタコ婆 役

「命の池」(自作)女 役

2014年/「いとしいとしのぶーたれ乞食」(清水邦夫/作)老婆 役

2015年/「The 幕の内銀河団」(自作)ハトポッポ 役

2017年/「いつまでの森」(自作)まりも 役

「火山島」(木谷茂生/作)妻 役

2018年/「眠っちゃいけない子守歌」(別役実/作)女1 役

2019年/「改訂版 命の池―河童ノ居ルトコロ」(自作)河童屋 役